マサコレ 

パラレルキャリアを形成しながら、ライフハックに役立つ情報を日々発信していきます。

「ブロックチェーン業界のマイクロソフトに」、ブロックチェーンアプリ開発環境のアルケミーが約16億円を調達

Dapps開発環境を提供するスタートアップ企業Alchemy(アルケミー)が、仮想通貨・ブロックチェーンの投資会社パンテラキャピタルが主導するシードラウンド期の信金調達において、1500万ドル(約16億4200万円)を調達したと発表した

Alchemy(アルケミー)は、YoutubeTwitterなどのソーシャルメディアにおいて活用できる、最も通貨の利用予定検討量の多いデジタル通貨と法定通貨を組み合わせた決済手段を提供するプロジェクトである。

下記の図の通り同社の提供するプラットフォームでは、ユーザーが使用する通貨の種類を法定通貨か、デジタル通貨のどちらかを選択することが可能だ。

Alchemy Paymentの特徴

  • Alchemy Paymennt自体が決済機関の一つである。
  • パブリックチェーンの開発を行わず既存のチェーンを活用。
  • 技術の大部分をペイメント部分に焦点を絞ることで、開発コストを下げアプリケーションの開発者からパブリックチェーンの開発者まで全ての産業の上下流と連携させた。
  • 即時に安定デジタル通貨か法定通貨に両替し、ロックすることができ、決済時のボラティリティの変動に備えることが出来る。

 

 

現在、下記のようなプロジェクトと提携してる。

●QFpay(世界20ヵ国に120万人の商売関係者のクライアントをもちます)
●Midwest(シンガポール支払い会社、傘下2000台を超えるハイエンド商用車はすでにラインアップ)
●CE LA VI(シンガポールランドマーク建築、金沙ホテル無端プールレストラン)などのハイテク会社や消費系ブランド

 

現在Alchemyが手掛ける開発環境はオペラのWEBブラウザーやEthereumのクリプトキティなど多岐に渡って存在しており、グローバルで200カ国以上の人々にサービスを提供しているようだ。日本においても楽天とパートナーシップを取ったり、サッカー元日本代表の本田選手から投資を受けるなど、年々その存在感を増している。

 

関連URL:https://nextmoney.jp/?p=27281

参考URL:https://coinpost.jp/?post_type=pressrelease&p=119987

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/stanford-funds-blockchain-startup-touted-as-the-microsoft-for-blockchain

Fsharesclubとは?

 


              f:id:masatoogawa37:20191008222642j:plain

 

Fsharesとは?

 

Fsharesとは、仮想通貨の新しいインフラとして期待されるプラットフォームの名称で、

近年、Binance(バイナンス)などの大手取引所が開発を進めている、DEX(分散型取引所)型の取引所を今月にオープン予定です。

 

日本においてもファンコミュニティサイトが立ち上がるなど、注目のプロジェクトの一つ。

 

FSDEXとは?

 

FSharesDEXの注目されている特徴は下記の通りです。

 

  • 取引手数料が¥0
  • 最大100万TPS(1秒間に100万回の取引を処理)

 

BinanceDEXでさえ、現状で、1秒間に数千の取引しか処理できないことから考えると、如何にFsharesDEXの処理スピードが早いかが分かります。





Fsharesの創業者にあたる人物はHezhi氏という人物で、過去にMicrosoftの戦略的パートナーとしてWindowsのサービスプラットフォームを開発し、多くのプロジェクトを軌道に乗せていたようです。

TOPだけではなく、全体の技術力も非常に高いレベルにあるようで中国の優秀なエンジニアチームが集まっているよう。噂では、中国大手取引所であるHuobiやBinanceからエンジニアがFsharesの方に流れているという情報が飛び交っている。取引所の特徴としては、DEX型の取引所のため、一般的な取引所と違い、中央集権的に取引を管理していないので、仮に取引所がハッキングされても、資産を奪われる可能性がありません。これまでに多くの仮想通貨取引所でハッキングによる、通貨の流出事件が問題になっているので、今後は徐々に分散型の取引所が普及されると言われています。FSDEXの仕組みは、取引に参加するユーザー同士がウォレットを接続して、秘密鍵は個人で管理しているのでユーザーはFSDEXのプラットフォームを介して直接取引を行うことが可能になり、結果的にユーザーの利便性と安全性の両方を満たす設計になっています。





fsharesClubとは?

 

FSharesClubとは、fsharesのプラットフォーム上で受け取りが可能なマイニング報酬を受け取るためのネットワークコミュニティの総称です。報酬として配当される通貨はsfharesのネイティブトークンであるFSharesコインです。マイニング方式はEOSと同じDPOSを採用しています。

 

FSharesclubでは、FSharesコインマイニングするためのストレージを購入すると1000日間マイニングの報酬を受け取ることが可能です。

 

マイニング報酬の基本プラン

 

シングルプラン

利用料金

バイナリーポイント

配当期間

ストレージ1

500ドル

3pt

1000日間

ストレージ2

1000ドル

6pt

1000日間

ストレージ3

2000ドル

12pt

1000日間

ストレージ4

3500ドル

21pt

1000日間

 

f:id:masatoogawa37:20191008224446j:plain




fsharesClubのプラン

 

FSharesclubにはマイニング報酬以外にも紹介報酬制度というものが存在します。

そして、この報酬プランの中で特に特筆すべき点は、ボーナス月利が一番安くても5%も取れるということです。下記の図の通り紹介人数が増えれば増えるほどにボーナス月利の金額も増加します。

 

Fsheresプランは多岐に渡り存在しており、その中身はバイナリー制度のMLM(マルチレベルマーケティング)の仕組みと同じです。

その中でも代表的なプランを紹介しますので興味がある人は参考にしてみて下さい。




スモールビジネスパック

マイニング報酬を受け取るにはFSharescoinをマイニングするストレージを購入する必要があり、スモールビジネスパックに入る場合のストレージ購入額は3,000ドル(約32,000円)支払う必要があります。

 

メリット:

直紹介者を出した場合、直紹介がTEAM3から始まる。



        

ビジネスパック

登録料:1287ドル(約139万) ストレージ購入額9500ドル(約1,026,000円)直紹介者を出した際に

 

メリット:

TEAM4からスタートする事ができるので、資金面で問題がなければ人よりも優位なポジションから始めることができます。



ワンスターパック

 

登録料2,178ドル(約2,305,400円)

ストレージ購入額14,000ドル(約1,513,190円)

 

メリット:

直紹介者を出した際に、TEAM4からスタート出来るだけでなく、ダウンもついているので、さらに報酬額が大きくなります。



トゥスターパック

 

 

登録料 7,821ドル(約845,332円) ストレージ購入額 51,500ドル(約5,566,377円)直紹介者を出した際に、TEAM4からスタートする事ができます。

メリット:

TEAM4にワンスターが3ポジション存在しており、ダウンもついている状態なので、TEAM4からの直紹介となれば、ワンスターパックより優位に進めることができ、且つインセンティブも大きくなります。

:

 

fsharesClubの報酬体系

MLMの仕組みについても解説

 

FsharesClubはMLMの報酬体系なので、FsharesClubに勧誘することで収益を得ることが可能です。MLMとは、連鎖販売取引の事を指し、販売員が自分から広めたネットワークのボリュームに比例して収入が入ってくる収益構造になっています。




レベルアップボーナス

f:id:masatoogawa37:20191008225009j:plain



上記の図で示したとおり、基本的にはグループ人数を集めることが大事になってきます。

何故なら、TEAM4から招待された人に対してプラス3%月利おボーナスに加算されるからです。

  • TEAM1(1~2名紹介で、月利5%)
  • TEAM2(3~5名紹介で、月利6%)
  • TEAM3(6~8名紹介で、月利8%)
  • TEAM4(9名以上で、月利8%)



バイナリーボーナス

f:id:masatoogawa37:20191008224758p:plain




レベルアップボーナス(直紹介)に加え、バイナリーボーナスが用意されており、大きく分けて2種類のボーナスが存在します。左系列と右系列の売上金額を足して、どちらも$2500に到達した段階で$200が振り込まれます。

 

このサイクルを何回も繰り返すことで、ピンレベルを上げて報酬を増やすことが可能になります。

 

また、新規参入者が増えるとバイナリーマッチング数はもちろん減るので、必然的にバイナリー報酬は減額になります。






まとめ

 

Twitter口コミ:https://twitter.com/shin93846975/status/1175636836456095744

Twitter口コミ:https://twitter.com/FShares_story/status/1175529256450834432

Twitter口コミ:https://twitter.com/kaskun777/status/1175058257766834177



先日の9/20にFSharesDEXがオープンしたことから今後の利用者の増加に期待したいと思います。上記のTwitter上の口コミでは既にFSharesDEXの取引所を利用しているユーザーからの口コミが掲載されており、順調な滑り出しをしていることが伺えます。

 

また、FSharesclubはあくまでもFsharesDEXのユーザーを増やすためのマーケティングの手法のようなので、MLMの報酬体系だけではなくFSharesDEXのサービス内容に注目して投資判断基準にしたいところです。クロスチェーンや、取引スピードの迅速さなど、他の取引所が真似出来ず、現状ではBinanceよりも早くサービスをローンチしていることからも高い技術力を持っていることが分かりますが、今後はそのユースケースとユーザーの伸びに注目したいところです。

 

本日のブロックチェーンニュース

11月に韓国のソウルで、ブロックチェーンベースの管理システムを導入。

 

 

BlockchainCitySeoulPromotionPlanまとめ

・発行されるSコインで公共サービスの支払いが可能になる。

・デジタル認証を可能にするソウル市民カードの発行。

 従業員と雇用主との契約をスムーズに。

 

7Payサービス終了のお知らせ

 

顧客数に頼りすぎた例ですね。

今後は今まで以上にセキュリティ面が問われそうです。

問題点としては盗難されたクレジット情報から使われたカード代で、クレジット会社との交渉は続きそうです。

japanese.engadget.com

 

英国規制当局が非納税者見つける為に取引所へのデータを要求

 

nextmoney.jp

関係者は、調査対象の時期について次のように、個人的な考えを述べている。

 

HMRC(英国歳入関税庁)が2、3年しか(顧客データを)遡らないない場合、興味深いのは2012〜13年の早い段階で仮想通貨取引を行った個人が影響を受けないことだと思います。おそらく最大の利益を上げた人は影響を受けません。(影響を受けるのは)仮想通貨がピークに達した頃にやってきた人たちです。」

 

 

 

本日のブロックチェーンニュース

仮想通貨流出のビットポイント親会社が発表 一部業務は再開へ

 

 

サービス再開予定日時:8/6  法定通貨入出金サービス開始

           8/9 店頭仮想通貨証拠金取引開始

           8/13 現物売買取引サービス開始

           9/〜 仮想通貨送付サービス

 

ビッグネーム企業ら、新しいIBMブロックチェーンに参加

面倒な手動サービスを解消する。

サプライチェーン全体で摩擦のない取引を可能に。

 

ライトコインが4年に一回の半減期を迎える

nextmoney.jp

今回の半減期は4年ぶり2回目の実行。

半減期によってマイナーの報酬は50%減る。マイナーが掘り起した時の報酬が25LTC→12.5LTC

次回の半減期は約4年後(84万ブロックごとに半減されるため)

 

 

スティーブ・ウォズニアックが新たなブロックチェーンプロジェクトを立ち上げ

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRHhSAjpGORnBZLM42bNOv68J2PLAGcFNkd57h-k_p-ov0Hqk1v

 

Appleの共同創業者にして、SteveJobs(スティーブ・ジョブズ)の最高のパートナーでもあったSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏が、ブロックチェーン基盤の省エネプラットフォームを促進する企業Efforce (エフォース)に投資し、共同設立者となった事が分かりました。

同社はマルタ共和国に本社を置き、昨年2018年1月に創業しており、ウォズニアック氏と同じく、共同設立者であるJacopo Visetti(ジャコポ・ビセッティ)氏はクリーンエネルギー分野に特化している。

Efforce(EFE)は世界中のエネルギー効率化プロジェクトによって生み出されたエネルギー節約から貢献者が利益を得ることを可能にするプラットフォームとして機能し、実際にはイーサリアム(ETH)のブロックチェーンプラットフォームを利用した独自トークン「ETFトークン」を発行後、購入者はトークンを通じて世界中の再エネプロジェクトにアクセスし、貢献した省エネのエネルギー分の対価をETFトークンで受け取る事が可能になります。受け取ったトークンに関しては、プラットフォームに参加している投資家同士で売買したり、電気代に支払うなど様々な用途で使用可能である。

参考動画(Efforce)

ttps://www.youtube.com/channel/UCyAERa6rvHqI-mwoCRlqQPA?feature=embeds_subscribe_title

企業としての情報はまだ、あまり公開されておらず現在はHPは存在するもののホワイトペーパーの公開もされておらず、今後の情報の開示を期待したい。

Efforce(エフォース)HP

https://efforce.io/

ウォズニアック氏は近年ブロックチェーン企業に積極的に投資しており、以前は「EQUI Global」(エクイ・グローバル)の共同設立者として名を連ねた事でも話題となった。新しい事業に参加する事自体、Appleに参加した以来のことのようで、同社について下記のように発言している。

私はスティーブ・ジョブズAppleを共同設立して以来、20年ぶりに『参加したい』と言いました。この答えを出すためには、その会社が本当に信頼できるものでなければなりませんが、私は本当に「EQUI」を信じています。

世界が脱炭素化に向けて動く中、純粋に再エネだけの力ではエネルギー需要に対応することはできません。今後必要になってくるのはより効率の良いエネルギー需給であり、それを可能にする為のプラットフォームとしてEfforceの取り組みに注目です。

本日のブロックチェーンニュース

米が10年ぶりの利率値下げ

利率値下げ→銀行にお金を借りる人や企業が増える→市場にお金が回る→景気よくなる

他にも色々な要因がありますが、BTCの価格にも影響を与えるか注目です。

 

コインチェックCEO、日本国内に無い仮想通貨の上場へ、意欲を示す

 

Libra協会への参加表明をしたり、新しい動きを見せていますね。

CFTCとLedgerXが行き違いか

 


cc.minkabu.jp

Bakktが機関投資家向けのプロダクト開発に力を入れているのに対し、LedgerXの先物商品はKYCを済ませたトレーダーであれば誰でも取引できるのが特徴となっています。

個人的には個人投資家向けのプロダクトの開発に力を入れているLedgerXの取り組みを応援したい。

 

LedgerXのページは下記を参照ください。

www.ledgerx.com

 

 

本日のブロックチェーンニュース

Tadacoin × awabar fukuokaがビットコイン決済を加速させるコラボレーションを開始

 

awabarはBTC決済可能なバーとして福岡で人気のコミュニティスペースです。

福岡にお立ち寄りの際には是非!

 

fukuoka.awabar.jp

 

スターバックスなどで買い物するとビットコインのキャッシュバック──決済アプリ「フォールド」

 

先ほど紹介したawabarでもライトニングネットワークを用いたBTC決済の導入実験が行われています。

日本でも飲食代や電気代決済の際にBTCをキャッシュバックする案件が増えていますが

飲食、電気のような少額決済にユースケースを増やしてユーザーにアピールできれば良いですね

 

www.coindeskjapan.com

 

 

バスケットボール・NBA、CryptoKittiesの開発企業と提携を発表

米決済企業スクエア、仮想通貨チームが「今はビットコインに注力」と発言 |

crypto-times.jp