マサコレ 

パラレルキャリアを形成しながら、ライフハックに役立つ情報を日々発信していきます。

ブロックチェーンの種類と仕組み

 

 

今回は暗号通貨技術の基盤となっているブロックチェーン技術について簡単に触れていきたいと思います。

 

というのは、何かこれから新しく投資を始めたいという方がいてもブロックチェーンの技術についての認識が不足していると正確なファンダメンタル材料が不足してしまい、判断を見余ってしまう可能性があるからです。

 

また、今後ブロックチェーン技術は金融の世界だけでなく様々な業界に実装されていくことが予測されているので早い段階で知識をつけることは今後のビジネスシーンにおいて、アドバンテージが取れるのではないかと思います。

 

 

1:ブロックチェーンの種類

1-1:パブリックチェーン

まずはビットコインの基盤となっているコンセンサスアルゴリズムの事を指します。

一般的にPoW(プルーフオブワーク)と言われており、

ブロックチェーン内のマイナー(ビットコイン採掘者)同士で取引履歴を誰が承認するかを選定する際に一番早く計算を解けた人が承認者ということで決定するという    方式です。このPoWアルゴリズムを採用している代表的なコインというのが、

 BTC(ビットコイン) ETH(イーサリアムです。

 要は中央集権から脱して非中央集権の動きを加速させようというのが

 これらパブリックチェーンの意義とも言えます。

 

1-2:プライベートチェーン

パブリックチェーンが自立分散的な仕組みである一方、プライベートチェーンは

ノード(パソコン)を特定のものに限定にして中央集権的に一元管理をしたものになります。これでは、せっかくの仮想通貨のP2P取引のコンセプトの意味が無くなってしまうと思うかもしれませんが、現状のPowのシステムにはまだ問題点がたくさんあります。

 

・送金速度

・マイニング大国(中国など電気代が安い国)によるデータ改竄の恐れ

トランザクション(取引)速度が遅い

 

プライベートチェーンの優れているところとしてはまず、取引、送金速度が速いということでしょう。ノードが特定されている為、マイニング合戦でトランザクションを記録するにも時間がかかりませんし、マイナーへのインセンティブも発生しません。

 

パブリックチェーンとプライベートチェーンを比較、仕組みの違いとメリット・デメリットを徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

 

 
 パブリックチェーン  プライベートチェーン
 管理者  中央に単独で存在  なし
 透明度  高い  低い
 *ノードへの参加  制限なし  管理者による許可制
 合意形成  厳格  比較的緩い
 取り引き速度  遅い  早い
 プロトコル  変更しにくい  変更しやすい

 

 

まとめ

ブロックチェーンの種類として大きく2つを紹介しましたが、

個人的にはまず、XRPを始めとするプライベートチェーンを基軸に動く通貨で外掘りから埋め、国や銀行などの国家機関をうまく取り込みつつ、パブリックチェーンのネットワークを浸透させていくべきだと考えています。

最近では国家予算委員会で藤巻議員が安倍首相に暗号資産の技術を促進させるような政策を訴えて頂いており、永田町での認識も広がっていると思います。

今後のブロックチェーン業界の発展を楽しみにしながらも個人の知識ベースも増やしていきたいところです。