マサコレ 

パラレルキャリアを形成しながら、ライフハックに役立つ情報を日々発信していきます。

トークンエコノミーがもたらす世界とは

f:id:masatoogawa37:20190706011054j:plain

近頃BTCの価格が急騰していて新たに暗号資産への投資を始める人や、

バブル崩壊からまた出戻りで戻ってくる人など、

市場全体で一時期の仮想通貨バブルに近い賑わいを取り戻しつつある現状です。

 

 

〜目次〜

欧米を中心に進む暗号資産決済の店舗

 

 

 アメリカではスタバや、ファストフード店を中心にビットコイン決済が可能になるというニュースが過去にありましたが、

更にライトコインでの決済が可能になりようです。

 

ステーブルコインの未来

先日、Facebookが独自のステーブルコインLibraを発表しましたが

世界中では賛否両論あるようです。Facebookの総ユーザー数は約25億人。

下手すれば法定通貨を飲み込んでしまう勢いです。

 

現状は銀行口座を持っていない、人々の為の決済、

送金インフラとしての活用を目的としていますが、

今後どういった動きをしてくるか要注目です。

 

 

 

まとめ

カカオトークやLINEもその後を追随して、独自のブロックチェーンコインを

開発しており、間違いなく時代は法定通貨で国境を境に価値観を縛り上げるだけの世界から世界で価値を共有する経済に近づきつつあります。

 

お金とは一体何なのか?という現代社会の問いに対して

今後どのように答えを出してくれるのでしょうか?